利便性は無限大

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コンテンツコンテンツマネジメントシステムは、利用者の「こんな機能が欲しい」という願望があり、その願望を叶えていくことができれば、将来的な利便性に上限がありません。技術の進歩によって利便性が今以上に高くなることは期待できますし、幅広い立場のかたが利用するからこそ、コンテンツマネジメントシステムの価値はある種の普遍性を抱いていると思います。

アンケートフォームや複数サイト一括管理の他にも、コンテンツマネジメントシステムに求める機能には際限がありません。多言語に対するサイトの自動対応機能や、作成したコンテンツの自動校正機能、データから導き出されたジャンルごとのファイリングに、よりSEO効果の高いコンテンツを作るためのサポート制度、さらには来訪者の多いコンテンツから導き出される最適なサイト運用法の指南など、人が想像できる限りコンテンツマネジメントシステムの機能は充実していく一方でしょう。

サイトの運営やブログ開設において、多くのかたが利用しているコンテンツマネジメントシステム。既に実装しているかたもその将来性を見込み、より自在に操ることができるようになれば、良質なマーケティングから高い収益が期待できるようになるのではないでしょうか。

参考リンク│コンテンツマネジメントシステム利用(vibit CMS Neo)

複数サイト一括管理

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

パソコンサイトの運営をおこなう場合、個人であろうと法人であろうと、1つのサイトしか運営しないとは限りません。複数のサイトを運用して、幅広い活動ジャンルから高い収益を見込もうと考えるかたもいらっしゃることでしょう

しかし、いくつものサイトを運営する場合、そのサイトごとにアカウントが必要になります。ログインするためのIDやパスワードをいちいち入力しなくてはいけない点を、面倒だと感じる方も多いのではないでしょうか。

コンテンツマネジメントシステムに、複数のサイトを一括で管理できる機能が実装された場合、これらの不満は解消されることになります。1つのサイトをチェックしたあと、別のサイトをチェックするために一度ログアウトして、再度別のアカウントを用いてログインし直すという手間が省かれることになりますので、業務効率は著しく上がることでしょう。

複数サイトの一括管理ができるプログラムが実装されれば、コンテンツマネジメントシステムに対する需要はより大きくなり、その後の期待値もより一層高くなると思います。未だ複数サイト一括管理システムが採用されているコンテンツマネジメントシステムは見受けられませんが、需要が大きいからこそ今後の動向に注目が集まるのではないでしょうか。

アンケートフォーム

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

オッケーこちらは既に実装することができる機能ですが、需要の大きい機能としてアンケートフォームが挙げられます。コンテンツマネジメントシステムにアンケートフォームの機能を実装すると、非常に多くのメリットが実感できるでしょう

まずはブログであろうとホームページ運営であろうと、顧客の意見や要望を簡単に受け付けることができると言う点。電話やメール対応のみに絞ってしまうと、対応しなければいけない時間を作ったり、人員を割く必要性が出てきたりします。あらかじめアンケートフォームを実装しておけば、手の空いた時間に限った対応が可能になるでしょう。

また、統計を取ることができる点も魅力的な要素の1つです。文面のみのアンケート調査を行うのではなく、いくつかの項目を用意して、利用しているかたが選択できるアンケート方式を用いれば、より顧客が望んでいるサイト運営に近づけることができるようになり、結果として質の高いコンテンツとして認識されるようになるのではないでしょうか。

アンケートの結果を開示すれば、自身の回答したアンケートと同じ回答を選んでいる人がどれくらいいるのか、確認したいという消費者の欲求も叶えることができます。今やコンテンツマネジメントシステムに、アンケートフォーム実装は必要不可欠と言っても過言ではないでしょう。

コンテンツマネジメントシステムとは

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

WEBコンテンツマネジメントシステムはCMSと省略されることもありますが、サイトやホームページを更新、管理する上で非常に便利なプログラムです。個人でブログを開設しているかたのなかには、特にコンテンツマネジメントシステムを使用しているという事実を知らないまま、サイト運営をしているかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

ひと昔前を考えると、コンテンツマネジメントシステムは企業や法人に向けたサービスのように感じられました。業務内容を効率化するためにサイトの管理や更新、制御といった手間や時間がかかる部分をプログラムに一任して、よりクオリティの高いサービスの提供を目指していたと言えるでしょう

しかし、前述致しましたように、最近では個人でもブログを開設したり、ホームページを運営しているかたが多くなっていたりします。その分、コンテンツマネジメントシステムも広く大衆に知られていると言えるでしょう。そうなると、コンテンツマネジメントシステムにこんな機能があったら良いのに、という要望を考えるかたも自然と多くなるのではないでしょうか。

こちらで、コンテンツマネジメントシステムにあってほしいと感じる機能をご紹介します。既に開発されていて、実装可能な機能から要望が多く、近い未来に実装されてもおかしくはない昨日までご紹介いたしますので、自身の個人ブログや、会社で運用しているホームページの改良において、参考にしてみてください。